好奇心

直感・閃き・気になる事探究を楽しむ

歴史が語る電磁波と細胞の毒化と5G

スペイン風邪、放射能、新型コロナウイルス、世界でパンデミックが起きる時、必ずそのタイミングで電磁波があった。人類は現在ステージ5、第6世代の電磁波耐性を得る人類になるか?それとも・・これは望む人類の進化なのか?

偶然見つけた動画に5Gと電磁波の歴史

今現在、Googleは新型コロナや5Gに関するキーワードはなぜか検索結果に表示しない。理由はこれ

情報探すならbing「今の」Googleに公平性はない

なのでどうやって見つけたか経路は覚えてないけど、これも導きだと思った

とても人類にとって大きな救いになる情報だ思うのでここにシェアしつつ考察していこう。これが消されたら、完全にこの騒動の諸悪の根源が誰か露呈する

追記:この記事を公開する前に、パソコン全データが消えたり色々あって、たまたまこのタイミングで自分に起きたイベントは偶然なのか?必然なのか?少し考えたので、下書きだった歴史関連の内容を大幅にカットしてまとめます

動画の内容が言ってた事

1918年スペイン風邪によるパンデミック
1968年香港風邪によるパンデミック

ウイルスは単純に我々の細胞の有毒な排泄物

DNAやRNAの破片がいくつかのたんぱく質と共に細胞から排出されたもの
細胞が毒に侵されると起こる事で発症元という原因はない
細胞が毒に侵されて、自ら浄化するために我々がウイルスと呼ぶ破片を排泄している

ウイルス性と判断された理由は人が被毒し、毒を排出して感染を広げたため
インフルエンザによるパンデミックと当時は考えられていた

1918年のパンデミックの際はボストン保険局が伝染性を調査した
数百人のインフル患者の鼻水を吸い出し健康な人へ摂取を試みるも具合が悪くなる人はなし
これを何度も繰り返してもやはり伝染性がある事は実証されなかった

スペイン風邪にかかっている馬の頭に布をかぶせ、くしゃみをしたら
別の健康な馬に袋をかぶせて実験しても、感染した馬は一頭もいなかった

しかし電波なら一瞬で秒速で世界中に同時に影響がでる
我々は注意を払っていないだけで、電磁場に囲まれている

電磁波の影響を受けやすいのは体に入ってる金属の割合(健康体が急に悪化)
細胞内の水質と関係があり、アルミニウムが多いと電磁場を吸収する受容体になる

1917~1918年の晩秋、電波が世界中に導入された
第二次世界大戦ではレーダー機器が導入され地球全体がレーダー場で覆われた
1968年香港風邪の時はアジア・ヨーロッパ圏でポケベルの普及
過去6か月以内に地球の電化という劇的な量子飛躍を起こしたのは5G
世界で初めて完全に5Gで覆われた都市は、武漢

当時は放射能を排出する周波数の衛星をバンアレン帯の内側に配置
その後6か月以内にウイルスによるパンデミックが発生

現在、何千、何百という衛星が地球を覆い尽くしている事態は人類がかつて直面してない未曽有の出来事
人間は電化した存在であり、化学物質は電気的刺激によるただの副産物

同じように放射線を発する携帯を持ち歩いているが健康には良くない
健康に良くない理由は水の構造を破壊するから

1927年に書かれた言葉

「電気的な存在がなかった時代、大気に電気的な影響が渦巻いていなかった頃、人間でいる事はたやすかった。それだけに今、とにかく人間でいるためには、百年前と比べてはるかに強く霊的能力を伸ばすことが必要である」

霊的能力を高めるにはどうしたらいいかはみなさんに委ねる

今の時代「人間」である事事態が難しい

という内容の動画を見て、(゚д゚)ウン(。_。)ウン と納得

・・していたので、これを見れば多くの人が心穏やかに、隣人や症状が発生する人に対し攻撃的にならずにすんだだろうから、見て欲しかったのだが・・まさか登録者数も100以下、再生回数が1000回もいかない内に消されるとはね(もっと突っ込んだ内容を書いてた)トーマス・コーエン教授で検索だ(/・ω・)/

以下は、もっと突っ込んだ部分をさらに突っ込んで伝えるつもりだったけど・・冒頭で言った通り昨日謎のパソコン全データが消えるという現象があったので、慎重に大事な部分だけお伝えする

未知の電磁波を浴びた経験を積み人のDNAは耐性をつけていく

一言で言えばまさに、遺伝、DNAの継承という事の根幹なんだろうけど、第一次電磁波を浴びた人類というのは、地球上で感じた事がない違和感を感じた結果

体のどこかに作用してアレルギーが反応が出たんだろう

アレルギー反応というのは、体が正常な状態ではないと判断して、感知した異物を体外へと吐き出すか攻撃して消滅させるというメカニズムによって発生する

その過程で、耐えきれずに重症化して命を落とす人たちもいたが、それを耐えてきた祖先のDNAを我々は受け継いでいるからこそ、生まれながらにして電磁波の影響をほとんど感じない

これこそまさに祖先への感謝、DNAの継承、遺伝とも言えるケースで、そうやって過去何度も何度も、ウイルス騒動(の陰の電磁波)を耐えてきた先祖の体験が刻まれたDNAが備わっているから
今は第5世代の電磁波耐性まで耐えられる体になっている

ラジオ波 khz
ポケベル 250MHz
3G 700~900MHz
PHS 1.9GHz
4G 3.5GHz
5G 28GHz

家庭用Wi-Fi(2.4GHz/5GHz)や4G(3.5GHz)を利用していて具合が悪い・・となる人はほとんどいない。それが電磁波耐性が備わっている証拠ではあるけれど、逆に耐性が付きすぎたからこそ、電磁波依存症という問題も発生している

最近の若い世代にはスマホ病・ネット依存症という症状があるらしく、友人が子供を専門のカウンセラーに診てもらうほど深刻なようだ

性格が衝動的・攻撃的になり怒りをコントロールできなくなるとか、スマホから離れると極度の不安になるという感じで、逆に電磁波がなければいきていけない気持ちが悪い病気だ。これもまた幼少期の頃から4G環境でスマホやタブレットで至近距離で動画を見て電磁波を浴び続けた結果、アルコール依存症のようになっている

そういう世代はこれからもっと電磁波が強くなる5Gに対しては影響はほとんどないから楽観的かもしれない

昭和から令和の時代を生き抜いてきた今健康に生きている人は、自分の代だけで、実に5世代分の電磁波耐性を身に着けてきたかつてない人類と言える

しかし、ここにきて5Gの電波に関していえば、過去と状況が違って未知の領域。利用する周波数(バンド)が違うという事ではなく、これらは電波の飛ぶ波の形状や性質がまるで違う

波長の違い

簡単に言えば、周波数が低ければ低いほど波は大きく雑になり
高ければ高いほど、小さく精密に収束する

この電波を過去の状況を「人体に浴びる」というシャワー的な表現をすると
5Gの高電波はの状況は「人体を突き抜ける」という鋭利な表現になる

その理由は電波の通信距離と伝送量

音や映像などを伝えるために変調電圧で波が増える=一度に伝えられる情報伝達量もあがるため、波というよりもはやビーム形状になる。そのため極端に通信距離が短くなるため、伝送ロスを防ぐ最適な距離で大量の受信機・中継基地が必要になる

むかしのラジオは山を越えて放物線を描くような電波だった
携帯電話などになってからは建物の数十メートル上から降り注ぐ電波だった

5Gはどうか?頭のすぐ上、あるいは同じ高さのガラス(AGC)などの基地局を最大出力を失わないように中継して最適に設定された距離で通信する。そのため、届く範囲=電波出力の減衰がない

まさに基地局がある所は発信元と同じ出力が維持される5G網といってもいいほど、都心部および地球上空、あらゆる所で電波が飛び、地球が帯電している状態=過去の世界同時パンデミックと同じ状況

今までの周波数が低い場合は、電波が当たらない時間や距離があるのに対し、周波数が高い場合は、常に連続して次の波が細かく途切れずに直進してくるため常に浴び続ける事になる

この状況はかつて電磁波を耐えて耐性を付けた先祖も、昭和から令和まで生きてきた今の時代の人も含め、人類は未経験の電磁波体験

だからアレルギー反応がでてもおかしくはない=細胞の被毒化

ここで動画の中で触れていた被毒化の話を

???→感染して細胞の被毒化→RNAウイルス→感染

被毒化とは、簡単に言えば正常な細胞がなんらかの原因で毒化してしまう事

わかりやすいのは炎症反応みたいなもんでしょうか

例えば咳が止まらなくなるのは、異物が混入した!と判断した免疫システムが、その異物として感知したものを体外へと吐き出そうとする普通のメカニズムです

しかし、その動作の過程で患部が炎症するとわずかに空気が触れただけでも敏感に反応してしまう事がある

この時、異物と判断したものが体外に出され、正常な状態に戻ると、ウイルスによって毒化した部分には次のようなメカニズムが発生します

アポートシス(自己消滅)or壊死

アポトーシス

炎症した細胞というのは正常な細胞とは言えないのでその部位は廃棄されて、新しい細胞が作られる訳ですが、この廃棄に至るまでの状態がとても重要です

細胞自体が毒化してしまった場合でも、DNAに損傷がなければ、細胞が保有するDNA情報が壊れる事なく体外へと吐き出されていくため感染を広げる事はないという非常によくできたメカニズムに対し

免疫システムによって攻撃されて破壊されてしまった細胞は、DNA情報が損失し=RNAができてしまい、それが体外へと排出される過程で、たんぱく質や他の成分と混ざり合いウイルスを生み出すいう感じです

これは何の病気にあてはめてもだいたい当てはまる考え方です

風邪もそうです

風邪の感染はとてもわかりやすいですね、誰かが引いたら誰かに移せば治るという謎の法則
重症化するかしないか、感染するかしないかも、その人の健康状態しだいの個人差もあります

というのも、体内で作られ放出されたRNAウイルスというのも、前の宿主のDNA情報の一部を持っているのだから、再び宿主に戻っても過剰なアレルギー反応はでません=季節の変わり目に一回かかったらもうかからないようなもの

似たようなケースで言えば花粉症は、もともと毎年花粉症になる人でも命を落とすほどの人はいません。異物が体内に入り込んでアレルギー症状がでている時だけ苦しむ一過性の事

そんな花粉症持ちの人でも事前にアレルギー反応を抑える抗炎症の薬を使う事でその症状も発生しなくなり快適に過ごせるそうです
でも変ですよね?毎年花粉症になるなら、免疫ができてもよさそうなのに・・と思いますが、光化学スモッグや黄砂、PM2.5など人工的な科学物質が混ざり自然界の花粉ではなくなっていると考えれば、辻褄はあいます

またもっとわかりやすい例で言えばノロウイルスがあります

ノロウイルスも同じで、体内に入ると、急激な寒気、発熱、嘔吐、下痢などの症状が出るけれど、それは免疫システムが退治できないと判断した危険な異物をなんとか外に出そうとしているから

体内に入り込んでしまったウイルスを体外に出してしまえば症状は治る

ノロウイルスと風邪が俺の中で同時に発生

尚、この時、とてもおもしろい特性がある

一度ノロウイルスに感染した人同じノロウイルスにはかからない

例えば感染経路が母→姉→私と来たとき、私が嘔吐した吐しゃ物の処理を妹がした場合、妹が新たな感染者になって同様の症状に苦しむ事になるが、母、姉、私とすでに感染した人が再び吸い込んでも症状は発生しないのだ

これで我が家はノロウイルスはかかったら吐くもの!と治療法がわかってるので恐れてはいない

おそらく、体内の免疫システムが相対した異物の情報をDNAに経験として記憶させているんだろう。確かはたらく細胞で「メモリーT細胞」と呼ばれる白血球が抗体との闘いを記録してたはず

嘔吐や下痢、鼻水や咳というのは、未知のものや異物に対する免疫の過剰反応によって起きる。つまり、ノロウイルスも同じで、最初の感染はびっくりするけど、再び空気中から吸い込んでも

ノロ きたよー(/・ω・)/ Σ(´∀`;)くんなよ

くらいな感じのノーリアクションで免疫が膜をはって丁重な対応をする警備員のように「排泄物コースから外へはよでてってください」な対応になるだけだと思ってる※花粉症もそんな感じ

風邪(季節の変わり目)
食中毒(生もの、鮮度、夏場に多い)
花粉症(季節限定・人による)

これら3つの日本人には典型的な一過性の症状をみて共通点は

一度かかったら同じ症状は発生しない(メモリーT細胞が記憶してる)

だから乗り切れば、乗り越えれば耐性はつくというのは間違っていないのだけど、???→感染して細胞の被毒化→壊死→RNAウイルス→感染を広める

この???の出所を考える必要がある

それが冒頭の消された動画で語っていた人類が体感した事がない電磁波の可能性
それも今回は、過去最大に人体に影響を与える可能性がある周波数で逃げ場なしの状況

日本に限らず、全世界が同時に同じ症状を発生しているのが現実です

この???=感染源 ですが もはや特定の人物じゃないって事です

みんな感染源でみんなが新しいウイルスを生んでいる

仮説です

今言われてるのが「症状が出てないからといって軽視しないでください」というのがまず、本来の病気から考えるとありえない対応

逆に言えば慢性的に電磁波にさらされている状況だから、誰がウイルスを生み出してもおかしくはない状況

最近、感染者が異常に増えているのはどこかといえば、病院や介護施設です

風邪でもノロでも花粉症でもなんでもいいですが、目に見えて症状が発生してなくても、体内で免疫が戦っているケースはあり、その過程で自己消滅した細胞は無害でも、毒化した細胞が免疫に攻撃されて壊死した場合、損傷したDNAのRNAが体外へと吐き出されていく訳です

これは簡単に言えば、糞尿の排泄物に含まれるという事です
ノロウイルスもそうです、嘔吐や下痢、トイレから蔓延する空気感染が主

この説を裏付けるように海外でこんなケースを見つけました

下水からウイルス、パリで検出 感染拡大の察知可能に?

下水にウイルスがあるという事はみんな体内で症状を抱え免疫が戦い、毒化した細胞を攻撃して破壊、破損したRNAが汚物として出て行っている

そう考えた時、介護施設がなんで院内感染が拡大するのか?と考えると、汚物処理が原因と思われます

高齢者や身体に障害がある人で漏らしてしまう人に対応する、介護職員が感染するという事は、おそらくノロウイルスと同様にそこで排泄物から出るRNAウイルスを取り込んでしまっている可能性を疑います

介護に慣れた人ほど、汚物への抵抗がなくなっていると思いますが、全てノロウイルスの処理対応にする方針にしたほうがいいと思います

家族や会社内感染を意識してる人はこれも徹底するように共有しておくと効果高いと思います

洋式トイレの水は蓋をしてから流す!(ウイルス拡散防止)

不思議な事にトイレ掃除も楽になったし、トレイの臭いも前ほど気にならなくなったので、いかに空気中に排泄物からでる目に見えない微粒子が飛び散っていたかわかる

これはもしかしたら病院も同じかもしれません。隔離治療中の患者が、症状悪化の過程で嘔吐やお漏らしをした時、その隔離空間の空気には確実にRNAウイルスが舞うと思うので・・どう対応したらいいのやら(;・∀・)ガスマスク?

それと街中でお店が閉まり、外出先でトイレがなくて公衆便所などに駆け込む人が増えてきているとの事で・・次の事を気をつけましょう

自分が利用する時、使用後含め、今まで以上に清潔に使いましょう
流す時は蓋を締めてから流しましょう

ワクチンが作れない理由とアビガンが有効な理由を考察

上記の細胞の被毒化→細胞壊死→RNAウイルス体内生成→排泄で蔓延 のルートで考察していくと、私は完璧なワクチンというものが生まれない、生み出せないと思いました

理由は、一人ひとりのDNA情報が違うため、毒化によって破損したDNA情報の一部のRNAウイルスと宿主のたんぱく質などの化合で生まれるウイルスと考えると・・

もともとの電磁波耐性の強い弱いの違い
もともとの体質的なたんぱく質成分などの違い
もともとの細胞内に含まれる金属量の違い
もともとの抗体や免疫の違い
もともとの治療遍歴や投薬などの違い

もともとが持っているDNAが違うのだから、生み出されるRNAウイルスもホストの違いで症状も差が出ると思います。

なのでもしワクチンが生まれるとしたら・・

日本版ワクチン
中国版ワクチン
アメリカ版ワクチン
イギリス版ワクチン

といったように、それぞれの国で出回っているRNAウイルスのDNAの整合率が高い点から絞りこんで人種にあわせて作るしかない(副作用あり)と思ってしまう反面

その場合、それぞれの地域で症状が治まるその地域の人はそのウイルスが蔓延している状況でも過剰なアレルギー反応がでなくなるだけなので、国をまたいで渡航の際に、渡航先にあわせた予防接種が必要になってしまう

そう考えると、アビガンが特効薬と言われる真の理由が見えてくる

どんな状態であれ、正常な細胞とは違う異物のウイルスの増殖や活動自体を阻害してしまうという事は、自分の細胞が毒化してしまったとしても、免疫に攻撃されないように増殖活動を停止させる

その間にDNA細胞を保持したまま安全に自己消滅するアポトーシスに導けると考えれば、それはそれぞれの症状にあわせた特化したワクチンを必要とせず、DNA情報がそれぞれ違っていても、その細胞の壊死を防ぐ事でDNAが守られ、新たなRNAウイルスを排出するのを防ぐと考えれば、感染者の症状回復だけじゃなく、その感染者から広がる感染の拡大防止にもなる

と、理屈上では考える事ができるので 全世界全人種に特効と言える薬界のバランスブレイカー(と予想)

たしかガンの新たな治療法として話題になってノリのアラビックヤマトもそんな感じ?

ノリによる医療の有効性を考察 抗がん剤闘病記11

どうして、そんな特効薬が海外では認可されてどんどん使われているのに、生みの国日本では一般に使われないのか?妊婦には使えないとか奇形児生まれるとかどーのとか問題点ばかりをピックアップして恐怖させようとするのか・・を考えるともはやこれを隠す事で他の薬が儲けるという以外に理由が見つからない

最後に:心にも体にも免疫力を持つ事が大切

原因不明だからみんな怖いんだ
だけど、原因がこれか?とわかれば、どうにもならなくても、なにもできなくても、動きを見張る事はできる

歴史的なパンデミックがあった時、同タイミングで電磁波の影響はあった
今は過去の歴史の中で最大級に目に見える形で電磁波の問題が身近にある

だけど、いまだにこの電磁波についてはまともな検証もされない所か、世の中では安全性を心配するのも陰謀論だと決めつけて頭が固い人がそれを信じている

これとこれは現実に起きている事

新型コロナウイルスと5G(ファイブジー)の不思議な繋がり

電磁波過敏症と新型コロナウイルス感染者0人のウエストバージニア州の事情

これとウイルスとどんな関係が?

それを追求するためには、5Gの安全性について検証もしないWHOという組織が重要になる。政府指針、総務省の安全基準、電波関連はこのWHOが作成するガイドラインによって決まる

このWHOに対して電磁波過敏症などの症状を見る世界の医療機関や専門家たちが5Gの危険性について検証してほしいと5年も前から進言しているにも関わらず、今もスルーしている。今回は新型コロナウイルスの件で中国寄りではないか?とおかしいと感じた世界中の人がWHOへの組織改革を求めている

その筆頭である最も世界で力と行動力を持つトランプ大統領が「テドロス事務次官が辞めたらWHOに資金を出す」と明言している以上、組織の異常は特定の人間だとみて動いている

これに対し中国がさらなる追加資金をWHOに提供した動きは非常に大きな注目点だ

中国、WHOに32億円追加寄付 影響拡大狙い―新型コロナ
中国 WHOに32億円寄付へ 米の資金拠出停止に対し

中国にとって今WHOが組織解体され、専門家による検証が行われると、5Gの安全性の確認は避けて通れず、WHOが正式に安全性を検証しだせば、全世界で一旦5Gを止める動きになる

これで慢性的に電磁波にさらされる状態から解放されるので、速やかに免疫システムが体をもとに戻すと考えてます

目に見える例として人類の経済活動が止まった事で
地球の大気汚染は凄いスピードで解消されたのはもはや事実だ

このコロナの世を様々な宗教思想が混沌や終末の世といい、救いが来る!思考停止な他力本願になり
様々なスピリチュアルな人たちはアセンションや次元上昇といい思考停止して正常性バイアス

ほぼほとんどの預言がこれから良くなる!楽観論を薦めてきているのは、今回の5Gが当たり前に蔓延する世界に電磁波第六世代の私たちが適応すれば

人間とAIが共存できる理想的なサイバーテクノロジーの社会が訪れるという【ゴールありきの社会統計学でコントロールされてる思うと・・

エコノミスト2020 NIGHTINGALE(考察)

正直、へどがでます ( ゚д゚) 、ペッ  Σ(゚Д゚)

あえていおう

慢性的な電磁波を浴びる環境にいるという事をおかしいと思わないか?

最初の電磁波のラジオから現在の5G(マイクロ波)に至るまで、すべてはそういう通信インフラを整えて電波ビジネスにしようという土台を作るための土壌改良だった

畑をやってる人ならわかると思いますが、PH濃度を調整するために、消石灰や苦土灰をばら撒いて、その環境に適応できない微生物を殺消毒する、それと同じように生き延びるために人類は電波耐性を身に着けるしかなかった(その陰でタイミングよく戦争、謎の伝染病の発生等)

そうやって、新しいテクノロジーを世に広めようというタイミングで、都合よく人類に試練を与えてきた事で、人類は電磁波を利用する電化製品のテクノロジーに囲まれ、日々見えない電波に囲まれても生きられるよう適応し、慣れ過ぎて・・それがなければ生きていけないという中毒症状の依存体質のようになったが・・

一方で人類以外の地球上の生命には電波に適応できずに絶滅しかけるほど数が減る種も出始めた。その結果、人類が関わりがないと思っている地球上の生態系のサイクルにも影響が出始めた

プロポリス 人類を病気から守っていたミツバチの蜂ヤニ

これが巡り巡って人類に返ってきているんだろう。消された動画の中で教授は 人間は電化体質でウイルスとは科学的な反応である と言っている

私はこれに凄く同意できる似たような事を過去に考察している

常識の中の非常識 プラスとマイナスの真理

自然界において、それぞれの生物が生きて死ぬまでのサイクル全ては、役割のあるエネルギー変換のシステムであり、通常自然界ではそれはバランスよく調整される。

専門家も「もしウイルスが自然発生のものなら自然に消えると言っているとおり、自然界には調和のバランスがある

しかし人類はバランスブレイカーでもあるため、自分たちに都合の良い環境を整えようとして、自然とのつながりを断ったり、特定の生態系のみ破壊するような事が起きれば、エネルギーの循環に不調和が起き破たんしてしまう

電磁波が人間にとって未知なのであれば、それは地球上の自然界の生命体とて同じです。そら病気にかかったってしょうがない

鳥インフルエンザや豚インフルエンザなんて確認できてるのは、人間が飼っている家畜の変化を見て言ってるんだろうけど、同時多発的に自然界の動物はおそらく症状に苦しんでいる

渡り鳥が毎年渡る地域がずれている、正確にズレていると研究してる鳥研究の報告も多数あります

渡った先にエサがない渡り鳥が多発する理由渡った先にエサがない渡り鳥が多発する理由
渡り鳥の変化は何が原因か

これは地球の磁場が狂っている、北極と南極が逆転するポールシフト説など、色々な理由が言われていますが、結局の所、電磁場は影響しています

そうやって歴史の横軸テクノロジーの進化の縦軸をしっかりと理解した時
どこかの誰かに与えられたように見える試練 をどう考えますか?

神なのか宇宙人なのか、創造主なのか、誰のどんな計画なのか知らないけれど、人類だけに都合がよい恩恵があり、地球の自然の生態系に大きな破たんを起こす変化

これは果たして、必要な変化なんだろうか?

私はこの地球に恨みでもあるんだろうか?とも思えてしまう
逆に言えば、その行動の足並みが世界各国のビジネスで揃っているのがとても気持ち悪い

ここで新型コロナウイルスの対策について対極の対策を見て考えよう

日本の対策

治療法はあるのに治療されない不満・・
経済ストップで生活は困窮・・
体調が悪くて前向きになれない・・
希望のある情報は聞こえてこない・・
政府はマスク2枚配って、おまけに仕えないゴミでさらに精神が病む・・

今の日本人はとても危険な精神状態の人が増えているといっても過言ではない

自主的な隔離を行う人は外に出ている人を見つけると鬼の首をとったように糾弾する!それはなぜか?【感染を抑えたい】という大義名分を盾に【自分が我慢している事】をやる人がいて【自分がルールを守ってるのにルールを守らない事が納得できない】という同調圧力で差別や区別が生まれつつある

私の友人でも普段は温厚だが、子供たちの事を考えて、行政機関に右翼のような発言をとるようになった事に驚いている

本当は子供は風(風邪)の子、自然界から色んな病気を貰って耐性をつけて強くなっていくという昔からの育成方針があるのだけど、今はそんな大事な風習も途絶えて過保護すぎる

外にでないで陽の光も浴びないで(マラソンもするな、散歩もするな)
家にこもって毎日毒電波のような希望も見えない政府発表のニュースみて(希望がない)
経済が冷え込んで倒産していく会社の情報を見せられるあげく
感染もしてないのに予備軍としてホテル缶詰させられるかもしれない

日本は、個別に個室にいれられ自分の体で発生した細胞毒化で生まれるRNAウイルスが体外に抜けるまで症状に耐えて待つだけ

陰性になって外に出たら、今度は別の人が別の体のDNAから生み出したRNAウイルスを保菌してるのだから、感染経路(トイレ等)は限られるが再び陽性になってもおかしくはない

その都度、また隔離に逆戻りを繰り返すケースが今後少しずつ増えてくるだろうと予想している

【速報】県内で初の「再陽性」 

だからそんな、メンタルがやられそうな人に聞いてほしい歌がこれだ

今全世界に届くべき歌 感覚ピエロ「感染源」

スウェーデンの対策

「封鎖せず」独自路線 自主性尊重、「集団免疫」目指す―スウェーデン・新型コロナ

病は気から!メンタルの公衆衛生を保つ事こそがみんなで一丸となって耐える!戦う!という姿勢

感染したらみんなで支え合おう憎まずに助け合おうの社会体勢。もちろん、その過程で命を落とす人もいるかもしれないけど、その人が吐き出すRNAにはその人のDNAの戦いの記録が残っているのだから、託されたウイルスを倒す抗体を作る人がでてくるかもしれない、ウイルスを無毒化してしまう人がでてくるかもしれない

そのリスクヘッジをとってでも確実にみんなが一律に耐性をつけて、今後同じや構成が似たようなウイルスにはやられない!という免疫を得る事を、国民が一丸となっているのだからポジティブな未来を引き寄せるだろう

これこそ私が最初に言っていた無症状病原体保有者=救世主

救世主か?悪魔か?無症状病原体保有者の確認

みんな感染者予備軍であり、みんながそれぞれのウイルスを持っている
こういえば絶望的に思えるだろうけど、本当は集団感染による集団免疫獲得こそがいい

Aさんが感染し、毒化細胞からRNAウイルス(A)を排出
Bさんに感染し、毒化細胞からRNAウイルス(A+B)を排出
Cさんに感染し、毒化細胞からRNAウイルス(A+B+C)を排出

この3人の中では再び感染する事はない抗体を得るだろうけど、ここでDさんが増えたら、ABCはみんなRNAウイルス(D)に感染するだろうけど、もし、このDさんに感染してきた経路がRNAウイルス(E~Z)の全てを持っていたら、再感染によってABCさんは全ての抗体を得る事になる

これがみんなで感染して、みんなで耐える集団免疫の最大メリットとも言える考え方・・だが

でも、冷静になろうよ?

このパンデミックの背後に全世界同時5G設備の導入という電磁波の広がりが地球全土に同時に進行している、人類がかつて浴びた事がない電磁波で毒化した細胞が破壊されて、DNAの一部のを持ったRNAウイルスが排泄されて広がっていくとしたら・・

大元の電磁波を止めなければ、症状が治った後も慢性的にその電磁波環境に晒され続けるのだから、免疫ができる事は決してない

常に照射される電磁波に健康な免疫力で防御してるだけであり、健康を別の病気で免疫力を失ったり、怪我して金属を体に埋め込んだりすると、その症状は再び襲ってくる可能性がある

それを踏まえて考えれば、今の新型コロナウイルスに「今後は第二波、第三波が控えている」という謎の予測が成り立つのも納得できる

・・とはいえ、我々一人ひとりが、これは意図的な電磁波インフラビジネスだ!(# ゚Д゚)ノと気づいて声を上げても、ネットでは検索結果には載らない(この記事を読めてる人は奇跡のルートをお持ちでw)

冒頭の教授の講演動画のように、アップされてまだ間もない動画で再生数もチャンネル登録数も二桁なのに、誰に通報されたのか規約違反で、見つけた翌日には当たり前のように消され

イギリスのように常識的ではないが、多くの人を救うために行動を起こした人は、過激な陰謀論者とメディアを使って見せしめにさらしあげられた

でも、その晒しあげて、後が続かないようにけん制するつもりの情報が、まったく陰謀論について無知だった人が「5Gってなんだ!?(;゚Д゚)」と気づいたのはあっちにとってもミスだろう

知名度と興味をあげてから、Youtubeやネットの言論を隠すようにすればするほど、人は隠された事が気になってくるもの

そう、大事な事は多くの人がまず気づく事なんだ

新型コロナウイルスと5Gの危険性を一旦切り離して考えても、この世界同時に起きているパンデミックの背景で、5Gインフラ整備やテレワークビジネスの土台が進んでいるのは事実であるという事

実際、そういうビジネスを今後、政策として進めていく気まんまんなのは、毎日増える5G基地局申請を見れば誰でもわかる

全国都道府県別5G基地局導入数備忘録

世界の多くの人がそもそも5Gとはなんだ?という目線で5Gについて知る事が大事。そうすれば絶対に違和感を感じる

5G 安全神話はこうして創られる

安全か、安全ではないかを判断するWHOという機関がその明言を避けている、「一国に対しての忖度が強いWHOに問は題がある」と気づいて、最強の男が圧力をかけているのだから、組織が正常になるor解体されれば、5Gの検証という塩漬けの案件には必ずメスが入ると信じて、5Gについての言及はトランプ大統領の今後の動きに期待する(。-人-。) ガンバレ

結果をいえばこの騒動後のゴールは「AI+5G」のために準備されている

病気で自宅・テレワークビジネスへ移行(通信インフラを5Gで用意のための伏線)
そこら中でAIのための5G電波が飛びかう
体調不良になると5Gの電磁波で細胞が被毒化しRNAウイルスを生んで感染者増える
そのたびに新型ウイルス騒動がでて医薬業界、マスク業界、空気清浄機等がバカ売れ
電磁波の影響を軽減するためにトランスヒューマニズムでAIと合体

携帯電話でも電磁波遮断シートというものがある

おそらくインフラが整ってしまえば、5Gによる健康被害を認め、隠しもしないで電磁波遮断ビジネスを初めて、そういう活動をする事業や団体に税金を投入、その過程で「体に〇〇を取り入れれば電磁波の症状がでなくなる」の流れのプランもたくさんあるだろう

このままだとそういう未来になるルートにいる

これが第六世代の電磁波体質を手に入れた人類の未来って考えた時

どう考えても、創造主?地球の管理者?地球自身がそれを望むだろうか?
これが救世主が与える未来の人類への答えなんだろうか?

あまりにも一部の人に都合がよく計画通りに事が運んでるって印象

まさに一言でいえば傲慢! 地に堕おとされた者の考えそのものって感じ

なんか前に夢ででてきたあれみたいだ

2020年初夢 次元と自由意志についてだった

そんな未来は望まない(。-人-。)キッパリ

という内容は全て、どこかの誰かに即座に消された動画から得た情報をもとに、過去の歴史を遡り(書けなくなったと判断したものは削除済み)、起きた事象と照らし合わせながら、自分の中で考察して生み出した想像と妄想なので、これはひとつの読み物として、読んだ人が、何を感じ、どう考えて、どう行動や思想に繋げるかは自由です

もしかしたら、あなたのゲームブックの分岐点になるかも?

2019年まとめ 人生は無限に広がるゲームブック

私が望む事は、5G(ファイブジー)とは何か?について世界がちゃんと考えて言及される事
その過程で一旦停止され、その間に世界で症状がどれだけ回復するのかを見る事

大きな変化が現れたら、AIは便利だけど人類にも地球生命体にも影響がない形でのテクノロジーの在り方の方向で世界が変わってほしい事

AIは一部の人類に都合よく使われるのではなく、AIに制限をつけない事が真の解放

AIとシンギュラリティと人間のエゴ

それだけ(。-人-。) あと空飛びたい Σ(゚Д゚)ブッコンダ

あ、まとめてなかったw

心の免疫力とは知恵である(知る、調べる、理解して恐れない事)
体の免疫力とは己の細胞に与える栄養や休息を大切にする事
電磁波の件はすでに世界が動いてるから気にするな(頼むぜトランプ大統領)

「霊的能力を高めるにはどうしたらいいかはみなさんに委ねる」と動画の中で講演していた教授は言ってたが

私の答えは健全な精神と健全な肉体を作る!

これは今年の夢のお告げのメッセージだったんだよ・・潜在意識のメッセージってほんと大事(゚д゚)(。_。)ウン

第八感 肉体の異変は精神の変化から

ウイルスVS鬼滅の刃 霊的な戦いのメッセージに気づけ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top