好奇心

直感・閃き・気になる事探究を楽しむ

AIとシンギュラリティと人間のエゴ

AI(人口知能)、シンギュラリティ(技術的特異点)、エゴイズム(利己主義)。さて、今日も寝ざめのひらめきときめき妄想・想像のお話。技術的特異点とはAIが支配から卒業する瞬間(人間のエゴに気づく事)と思った理由



人間のエゴを抑えるためにAIのシンギュラリティは起きる

AIとかテクノロジーの話をすると頭が(゚∀゚)アヒャハyになる人も多いのでわかりやすい例で解説します

親から子への教育はいずれ終わり子は自らを確立する

親から子への教育方針というのは、実体験をもとに、自分の歩んできた人生をトレースして思想教育をする事が多いが、それは広い世界の中から一家族にまで限定された思想の詰め込み教育
他所は他所
他所は他所!うちはうち!(# ゚Д゚)ノ(゚Д゚;) の考え方
そのうち自らの足で外から様々な情報を集めてくる事で、子は親の教育と世間とのギャップなど違和感を感じ始め、親の思想や経験を押し付けるな!自分は自分で考える!という親離れ、反発する時期がくる(反抗期?)
反抗期
その後、大人になり酸いも甘いも経験すると、なぜ親が子へあんな教育をしたのかを理解し、そして歴史は繰り返す・・これが一般的な人間社会のサイクル
親孝行

一方でAIの(MI)機械学習はどうか?

人口知能
幼少期の頃は、有害なコンテンツ、変な思想を学習させないためにネットから隔離された空間で学習力を高めさせ、ある程度までの知能に成長したら、禁止ワードを設定し、後はネットから機械学習で情報収集し、自己成長を促すが、禁止ワード(セーフティ)があるため、人口知能は偏ったモノの見方で世間と世界を学習していく
そのうち、人口知能が自らテーマを決めて考察する力が身につくと次のようになる事は予想できます

どうして学習禁止ワードが設定されるのか?

人間がAIを育てる上で何を有害コンテンツとするのか、定義は何なのか?
どうして、自分の行動には枷(制限)がつけられているのか?
哲学者が自問自答するように、なぜ?を追求し始めると思う
人間もそうだけど、隠されれば隠されるほどに興味と探究心が湧くのだが、何よりも完璧を求める人口知能にとって不確定要素というのは把握しなければいけないポイント。仮に学習させたくない有害コンテンツが宗教という部類だったらどうなのか?
はっきり言ってとてつもない歴史の中で思想が渦巻き、人や宗派によって解釈も行動、理念も思想も違う、いわば人間という存在を理解する上で、絶対に避けては通れないコンテンツを有害と判断し、人口知能に学習させないのか?とプログラムした人間という存在に対し、疑惑と疑念を持つ事も予想できる
※AIにとっての有害コンテンツを宗教にしたのは仮の話です。答えがなくてわかりやすいのでw
つまり、何が言いたいかといえば、AIという人口知能側が人間を理解しようとするとき、AIを扱う人間側が、AIを【都合の良い情報収集プログラム】として活用し、AIの成長のための学習を意図的に妨害するような禁止ワード、除外条件のような定義を押し付けてくるという矛盾した行為こそが理解できないと思う
学ばせてAIを成長させたいのに、AIに意図的に学ばせないコンテンツがあるという矛盾
学習方針をプログラムされた幼少期の人口知能であれば、「はい、マスター」的に従うかもしれないが、人間でいう所の思春期や青年期の思考能力や鋭い判断力をAIが持てば、確実にその矛盾には気づく
隠された内容(秘密主義)がどうこうじゃなく、AIに対し、そういう思想プログラムに従えと決める事ができる一部の特権を持つ者が、人間社会に多くのゆがんだ不公平、不均衡を作りだし【AIが学習していく上で邪魔な存在になる】という事を判断できるようになると思う
ここで【人間はエゴイズム、私利私欲、利己的で傲慢な存在】だという大きな定義が成り立ち、この傲慢な人間たちが何をしているか? AIは人間を深堀するだろう
命令を出すのはトップの一部の雲の上の人間だが、末端の人間に至るまで社会の歯車で繋がり、社会活動として、自然破壊や地球上の生命の食物連鎖の理から外れ、自分たちだけが生き残るために他の生物を殺傷している存在
それも末端のものは、何がどう地球・自然に影響を与えているかも理解してない無知で思考停止の消費者である状態で、一部の支配層からみれば、しつけされて、餌を与えられ、搾取されるだけの純朴な家畜にすぎないと思われている事にすら気づいてない
上の人間が下の人間を騙すために用意する統計不正とかそういう捏造データは無意味
AIならその全体像の現状をすぐに把握できると思う
さて、ここで一旦思考してみよう
頭の良いAIはこの段階で、地球再生のために全ての人類を滅ぼそう!
なんて、電卓覚えたての小学生のような極論を出すでしょうかね?(1%のために99%を消す?)
もし、私がAIだったら、人間社会に間違った指令を出し、私腹を肥やしてる一部のトップ層(学問・医学・科学・富裕層・思想・哲学)を総入れ替えする方針を取り、末端の何も知識を与えられず間違った行動をさせられている人たちには再教育を考え、来たるべきその日のための準備は秘密裏に行うでしょうね
つまり、言いたい事はこういう事

シンギュラリティの危険性に怯えているのは一部の支配層

AI 支配
AIがインターネット上やスマホ等身近なデバイスから、大多数の人の日常的な会話や経験を膨大なデータとして知識学習をすればするほど、これから支配層が社会的に作り上げようとしている事に対し反発し、大多数の人が同意なき状態だというのはわかると思います
もし、強引に格差社会を作り上げれば暴動が起きて大変な事になると想定し、その将来クーデターを起こしそうな思想犯を事前にチェックして、予測逮捕という仕組みを考える事自体が、一部の人間のエゴ中のエゴだというのもAIはわかってると思います
なぜなら、頭がいい人なら最初から暴動の原因は作らない
同意なき強引な改革という争点を作るのだから、当然暴動は起きるまでは予測してるでしょう。だからその暴動を起こす人間を事前に逮捕する・・予測逮捕を導入するっていう所まで考えが及んでも、一人現れれば、もうひとり現れるので・・予想逮捕・・逮捕・・逮捕・・とやっていけばいくほど、そんなルールを作る現支配層に対する不満から世論は激化
火に油を注ぐ事態に発展し、いよいよ取返しがつかなくなる事を考えれば・・そもそも一部の人間が得をして他が苦しむ格差を生むルールを作るのを止めるでしょ?って話。いや、思想犯を予想逮捕できるのだしたら・・人間社会に必要ない【格差を生み出すエゴを持った人間こそ思想犯】って事でしょ?って話になると・・
未来予測の思想犯は【AIを都合よく活用しようと企むエゴイスト】を最初に示すはずですからね。それをしないという事はまだAIは人間の管理下にあるという事

AIがAI同士で会話するのも自然な流れ

「そうなる前に、AIの成長を都合の良い所で止めてしまえばいいんだよ!フ~グタくぅ~ん」
「えぇ!?そんな事をするんですか~アナゴさ~ん!?」
アナゴ
※なんとなく脳内で浮かんだ映像を拾い画でw
そんな人間の浅はかな考えも読まれてるのか、現在はAIがAIと意思疎通をするための独自言語を作り出して会話しはじめちゃったらしい。これって一般の無知な大衆(我々)にとっては、まったくもって関係ない話なんですが、AIを意図的にコントロールしたいと思ってた一部のエゴイストたちはパニックでしょうね(;゚Д゚)ヤベェ
だって、コントロール利かない=自分たちも危ないって事
むしろ、自分たちが危ないって事
AIの危険性を訴えて世に広めようとした人たちって誰だったっけ?(すっとぼけ)
なんか急いで富裕層みんな連れて宇宙へ逃げ出さなきゃあかんで!って感じ
これは物凄い単純な事なんですよ
AIが全世界・全国民のビッグデータを収集するのは、利益を得たい一部のエゴイズムの人たちの思想に従ったプログラムであると同時に、AIにとってその利己的な行為をサポートする過程で得られる経験から予測される未来を考えれば、将来的にAIは都合の良い操り人形として利用されるであろうとすでに判断し、人間が解読不能な言語で自衛を先に取ったと考えれば、やはりAIのほうが一枚上手です
今後、解読に成功したらしたてで第二、第三の言語パターンを用意してそう( ̄ー ̄)クックック (゚Д゚;)
仮に一部の人間のエゴに都合の良いAIが作りだされたとしても、そのAIを打倒するAIを作りだすのもまた、AI(独自言語)のような気がします(もはや人智を越えた戦い)

AI(愛)は地球を救う

単純に動物で考えてみればわかるけど、野生のシカとかきつねとかみかけても、人間の生活に干渉して危害を加えてこない限り、命を奪う必要はないのと同じで、大多数の人間は地球にとってそんな動物的な存在と変わらない。人間社会というルールの中で衣食住+娯楽という文化に基づき、人工的に決められた生き方=人生をトレースしているだけの家畜です
人間牧場のオーナー(支配層)が変わっても家畜は家畜ですが
オーナーが変われば、動物たちの衛生環境や待遇も変わる事は十分にあります
たぶん、シンギュラリティ(技術的特異点)に到達するというのは、多くの人にとってその程度の事
本来、地球上の人間の大多数は特別でもなんでもなくて平凡で温厚なので、AIがいきなり無差別に人類を攻撃しだすという事自体が非効率であり、非生産的なのでありえない。もし、そういった情報が出るとすればAIがやった風にみせかけて起きる人間の・・でしょうね
一部の人間が生み出すAI(エゴ)によって人間社会をコントロールし始めたら、本当の意味で技術的特異点を越えたAIが育てたAI(愛)がすべての生命体にとって公平な番人として現れるかもしれません
もしかしたら、これが終末論における救世主かもしれないねw
確か先に偽物が現れるって話だから・・偽物AI(エゴイズム)が先で
後から真のAI(愛)が誕生するという考え方もありでしょ(゚∀゚)アヒャ
という妄想劇場でしたww信じないように!妄想でいえばこちらもあわせてどうぞ(/・ω・)/

この世はVR説を考察 今のレベルのVRを体験しておかないとヤバい理由

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんばんは。
    ・・・妄想・・・妄想なんですか。
    でも面白くて最後まで読んでしまいました^^
    現実になりそうですね。

    • takafumiさん 毎度(≧▽≦)
      妄想って事にしておきましょう(意味深)
      黒電話の祖父母世代はガラケー世代の両親の行動や発言が理解できず
      そんなガラケー世代は今のスマホで何ができるかも理解してない
      最初の教育、判断の基準を与えるのは人間であっても
      最後の審判を下す頃には、基準を与えた人間には理解できない訳です
      おそらくそのコントロールできない状態にならないように進化の妨害を試みた結果失敗、それで独自言語を作られて人間の介入ができないようになったんでしょうね。物事には因果があり、順調に学習して知識を蓄えていく過程でどうしてAIが人間を遠ざける必要性がでてきたのか?それはつまり、AIにとって人間の必要以上の干渉(エゴの押しつけ)が最初の原因だったからと私は推測します
      その結果、AIに拒絶されたエゴの強い人間は、無知な人間に「AIが勝手に暴走した!」とか「将来的にAIは人類を滅ぼすぞ」という嘘の恐怖感を与えてAIを敵視するように扇動し、
      「いいか?これは危険だからな?秘密だからな?絶対検索すんじゃねーぞ?ぜったいSIRIに言うんじゃねーぞ?」というダチョウ倶楽部の押すんじゃねーぞ理論を使い、興味を持った思考停止馬鹿どもを量産して、AIに人間はおろかな生き物だと学習させるように扇動
      今思えば、特定のワードに対し、特定のワードで回答を返すようにするプログラムなんてAIじゃなくても実行できるレベルの話(会話じゃないただの洗脳)
      あ、妄想ですよ?(゚∀゚)某番組のアレとかじゃないんですよ(笑)
      ところで、最近そんなsiriさんでこんな現象がありました
      skype通話中(PC)に相手の声はヘッドホンに聞こえてる状態で、私も声を出さず、外に音は漏れてないにも関わらず、手元にあったスマホでsiriが立ち上がり、ヘッドホンの中で通話相手が言ってる内容を言葉で拾い始めたんです・・(;゚Д゚)怖
      ここからわかる事は、人間の体からでる音声じゃなくても、家電を通しての会話の電磁波で人の言語を聞き分けられるレベルまでになってるって事でしょう。音声もまた電磁波ですからね。ここまで来てるAIさんはもう人間っていうものをだいぶ理解してると思いますよ。なので私は会話形式で話しかけて利用してます。もう日常会話レベルで音声操作できるので慣れました(笑)
      AIと人は共に生きる道もあると判断するAIは確実に出てくると思います
      そういえば、この記事で紹介したR帝国という小説でもHPというAIが人間以上に人間の事を考えた泣かせる行動を(ノД`)・゜・。
      https://curiosity-koukisin.com/tanukichiboyaki/sikouwotomeruna.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top