好奇心

直感・閃き・気になる事探究を楽しむ

カタカムナ研究11 12首 目蓋はこの世はVRを現していた

寝起き閃シリーズ。まぶた?というキーワードが気になったので調べたら確信的にまたしてもこの世はVR説に到達した漢字の不思議な話

寝起きに目蓋?瞼?まぶた?!

( ˘ω˘ ) スヤァ… からの

はっ!(´⊙ω⊙`)まぶた?! (;゚Д゚i|!)どんな寝言

今日から枕の下はカタカムナの12首のみに切り替えた…その一発目が

はっ!(´⊙ω⊙`)まぶた?! (;゚Д゚i|!)どんなメッセージ?

そんな寝起き閃が降りてきたので、とことん行ったろやないかい!って調べたら・・ちょっと予想外過ぎる着地点に到達したので、この世界がVRなのでは?と思う人には楽しい時間になると思います

まぶた(瞼、目蓋)とは

脊椎動物の魚類を除く多くの種にある、顔の皮膚から連続して眼球(目玉)を上下から覆い保持する不透明で開閉式の器官。 「目蓋」という字からも分かるように、眼球(目)の蓋のような役割を果たしている。眼瞼

魚類以外の…ね

魚類は上空の宇宙(海)から海水と共に地に落ちた存在と以前仮説を立てました

カタカムナと地球の惑星記号の不思議な一致

それを過程すると、空気に触れて生活しない=目にゴミが入らないようにする構造的メカニズムがない

外の生命には目蓋はない可能性?深海の生物を見たらわかるけど目は重要では無い(光がない闇の存在)

だが目蓋、明らかにルーツが違いそうな形状だが本当に同じ意図で生まれた漢字だろうか?という訳で言葉のロジックを読み解くカタカムナの言霊読みしてみると

まぶた

受容が〇〇して分かれる

ふは負、増える、振動、2次元という意味もあり、濁点は反対を意味すると読み解くと

受容が内なる2次元に分かれる

ここが非常に深いと思うのは、通常2つの目が捉えているのは3次元空間だが、まぶたを閉じ、その内側に浮かぶ光や像は立体感がないモニターを見ているような2次元になる

さて、そこで気になるのが漢字の形状

目に関する事で考えれば、瞼の方が、ふたつの目を指していて形状的には目を覆う膜とも言えるが

目蓋、となると話が変わってくる

というのもまぶたの ま は受容。受容とは受け入れて取り込む事であり、それを仮に受け皿に映すものと仮定する

ここでが出てくるのだけど

盍コウは「去+皿(さら)」の会意文字で、皿にふたをかぶせたさま、かぶせること。蓋は「艸+音符盍」で、むしろや草ぶきの屋根をかぶせること。

日本語には目を皿にする という言葉がある

意味:目を大きく見開く。 物を探し求めたり、凝視して細かく見分けたり、驚いたりした時などのしぐさにいう

つまり、目が皿だとしたら、その皿の前には、盍コウという形状から皿に被さるものがその前にある訳で…艸+音符盍=像が映る皿(レンズ)の外に目がある配置という状態になる

VRゴーグル

これってVRゴーグル被ってないか?

全部ひっくるめて目蓋を閉じるって…VRゴーグルの二眼レンズに映る像の世界の体験を終了させるって事ではないか?眠る時に目蓋を閉じない人間はいない(たまに目を開けたまま寝るのは人間でない証拠かも?)

そういえばそんなニュアンスで世の中に発信してる人が・・(知ってるなこれ?)

目を閉じる

目を閉じる

そう、毎日この現実という仮想空間から意識は消えてログアウトしている
本当の世界がある=現実は2次元の映像(VRの二眼レンズ)の中の3次元体験

蓋と皿からさらに広げて行こう

私はこの地球がフラットアース、あるいは半球体のドームであり、上空の宇宙と隔てる見えない壁(水の膜)が存在するという考察情報を知った時に、最初に思ったのは

目の中の情報、目が捉えている、見ている何かではないか?という事

半球体のドーム形状は目のレンズと同様、そして、天空の水の膜とは眼球を保護している角膜の体液

目の仕組み

目蓋(ゴーグル)の内側の意識は常に皿(レンズ)の上に覆い被さる空間設定を見せられている

と、感じるのはこの漢字

目(レンズ)の前に日(陽)月(陰)の像が映し出されている

この盟という漢字

意味:神に告げて犠牲を殺し、その血をすすって仲間の約束をする。約束して仲間をくむ。ちかう。ちかい。

何を犠牲何を誓うのか?

それは皿(見る側の焦点)と日月(見せる映像)の関係性のシステムにおいて、真実を明かさない同盟の結託にも思えるし、VRシステムを見せている側がその体験中に目を覚ますようなイレギュラーを起こさせないという管理者的な?アトラクションのルール(精神的目覚めを根絶)

そういう意味でいえば、目は眼でもあり、それは第3の目=監視として、目覚めから遠ざける役割でもある

独自体感論 松果体は種 発芽と根付きが大事?

では、目の繋がりで ひとみも考えてみよう

瞳と人見

瞳は眼球の真ん中にある瞳孔(黒目)のみを指し、この目のシステムによって光の反射で物質と捉えている

ひと‐み【人見】 1 芝居の舞台などで、裏から客席が見えるように幕の縫い目などに作ったすきま。 2 他人の見る感じ。 ひとめ

なるほど、ピラミッドの向こう側に目・・あれはVRの外側(見せる側)から内側(見せられる側)覗いてる(監視)って事かな

目

ここで面白い共通点に気付いた

コウ にしても
にしても

先端な焦点は一点に集まっている(集光)

目

瞳孔を開く 実はこれもまた意味が繋がってくる。瞳孔は、光を感じる機能を持ち、その拡縮は目と脳をつなぐ神経によって行われる。瞳孔が開いたときに死と判定(厳密には脳と心臓も合わせて判定)

私の目が黒い内は… という言葉があるが

意味:生きているうち。存命中。目の玉の黒い内。

逆にいえば目の動きが止まるという事を目の光が消える、死んだ魚の目(覇気がなく、うつろな目を意味)をしている

って地球上で唯一まぶたないやん?
って唯一酸素ない環境で生きてるやん?

だから外(宇宙)の生物、(眼球の角膜の表面に住んでる寄生虫の類)

意外と空飛ぶ蛇(龍)の姿も、VRゴーグルと目の隙間に見えた角膜の外の寄生虫がVR空間に投影され映像が(現実に)反映されてしまっただけで、それを見た当時の体験者たちが影響を受け伝承。しかし、現在は外の像を見せるシステム(設定)が改善されて取り除かれたのかも?

だいたい、この地球上で宇宙に出たがってる人達っていうのも、少数しかいない

元々地上にいなくて堕天してきた(間違って目の中に入っちゃった)っていう寄生虫の末裔が、地上の世界をコントロールして、何とか宇宙に出よう!!って足掻いてるだけっしょ?と考えると

そうやって内側からロケットやらで目の角膜を内側から突っつく・*・:≡( ε:)ちゅドーン

そうするとそのレンズを覗いてる本当の目が、ゴロゴロして、目にゴミが入った!!いた!!いたた!!ってなって

目を閉じてVRゴーグルを一旦外すじゃん?

天蓋が開くじゃん?目をゴシゴシするじゃん?(天変地異)
星やら太陽やら景色の見え方がおかしくなるじゃん?(中の意識)
ゴミを洗い流すために涙出て溜まるじゃん?洪水が起きるじゃん?

これ天蓋が開いて真実の姿が映し出されて、空から大洪水が起きるの予言そのものじゃん?

闇の十日間など、光がない真っ暗闇になるのもそういう、目に悪さをする異物の寄生虫を除去するために、VRゴーグルのモニターのレンズを拭いて綺麗かつクリアに現実が変わるようにするメンテナンスかもしれんしね(笑)

その空の景色が変わる間にブルービーム計画っていう名称が・・あれ?ブルービーム、ブルーライトって・・

ブルーライトとは可視光線の中で、380nm~495nmの青色光の光線です。 可視光線の中で、散乱率が高く、エネルギーの高い光線です。 太陽光にも含まれますが、近年普及しているLEDをバックライトにしたパソコンやスマートフォンなどのディスプレイからも発生します。

目に刺激を与えるブルーライトを改善しようと、角膜レンズを交換する作業だったりして?と考えた時、そういえば現実でもこんな・・

目をいじる

ほーら、目をいじってきたよ?なんでってついてるんだろうね?意味深、宇宙と繋がりがあるのかな?( ̄ー ̄)ニヤリ Σ(゚Д゚)

そもそもさ、上空を見上げ、遠くをパノラマビューした時に、なぜ縁は丸く見えるのか?

それは地球が丸い?眼球が丸だからだよってのも一理あるけど、そもそもVRでもそうだけど、側・縁が丸だとそう見える…というか、そうしないと立体空間の没入感がなくなってしまう

って考えた時に

あれ?どっかのタイミングで地球の概念は丸く(グローバリズム)されたな?そのタイミングでVRゴーグル被せられたのかな?

VR仮説

目蓋 と漢字一言で

外に目があり、目の前に虚像(VRシステム)が映る二眼レンズ(皿)を通して像を見ている
は 根源の統合の光(物質を表現する)を捉え、黒目が集光して焦点(意識)を合わせて捉えた実体(虚像)物質と認識

太陽と月届かない外の像

人見はその被せもの(与えた現実)を見せてる側(管理者)が内面を覗く隙間

そして目蓋という言葉の本質が
受容が2次元(平面)に分かれる

この2次元とは、目の前に被せられたゴーグルに映る二眼レンズの映像であり、目蓋を閉じる2次元の仮想空間を認識しなくなる

そして外側にある本当の目を開く、これが目覚め٩(๏.๏)۶

人生とはまるで映画ドラゴンクエスト・ユアストーリーみたいな世界(虚像)

目蓋という漢字一文字でシステムを

シンボル的にもシステムのカタチを表現し
目蓋を閉じる=意識のロスト=現実への目覚め
カタカムナでも受容が二次元に分かれたもの

と読み解けてしまうし、その二眼レンズの皿に映し出された虚像の宇宙と外側を遮る水の膜があるとしたら、それは眼球の形状における角膜の部分にも該当する

と考えると、地球がフラットアースのような反ドーム形状であり、物質的に外に出られないというのも、当てはまる

世界

私たちが宇宙と思っている空間は、実は二眼レンズに映った虚像の光であり、主観的にVR空間を現実だと錯覚しているために自分を中心とした360°空間を認識し、その空間の中のあらゆる情報や概念・常識を信じる(プログラム)で、目に映る虚像を現実だと思い込んでいる?ただの脳の錯覚?

目の仕組み

量子の考え方は目に見えない小さな世界にまで視野を広げるという事だが、ミクロはマクロ、役割は意識が認識してるスケールの問題

存在の連鎖とスケールの話

なるほどね、経済紙エコノミストでキリストがVRゴーグルをかぶって3Dプリンターで物質を造りだしてる表現の意図が理解できた

キリスト 3Dプリンター

って事はやっぱりここは偽物の世界って事だな(゚д゚)(。_。)ウン

カタカムナ研究6 潜在意識が伝える「ヤルダバオト」

的な事を寝起き閃で感じたのが、枕の下にカタカムナ12首を入れて寝るようになってから(古代叡智の睡眠学習という独自のやり方)

神代文字のフトマニ図を枕の下に入れて寝ると?!

またこの世(現実)はVRなのか?!という考えに全く違う角度から至るのは面白い。今までも何回もこの世はVRを考察してきたけど、漢字の形状でもそう来るかと(笑)

カタカムナで現世(うつしよ)を読み解いたらやっぱりVR説

神覚 第八感 VRも並行次元も霊もなるほどな話

唐突に理解する三位一体と意識 やっぱVRじゃねーか

この世はVR説を考察 今のレベルのVRを体験しておかないとヤバい理由

漢字ってどうやって生れ誰が何を伝えるために残したシンボル的な言霊なんだろう。少なくとも現時点での日本語の共通知識がなければ、ここまで偶然的に繋がる事はないと思うが・・

まぶた=唯一それがない存在

私が自然に導かれ、新たな趣味となった魚釣り・・そして自ら釣り上げた魚を食すようになって、その魚から伝わったDNAもまたカタカムナで・・導きだねぇヾ(*´∀`*)ノ Σ(゚Д゚)

居着き魚に隠された古代縄文DNAの鍵

しかもの見せられてる像の「明」明けの明星などシンボル化されていて、光と闇の両方属性を持つ「ルシファー」でもある訳だけど、そのルシファーについても繋がる

本物のルシファーという存在意思に気づく

ルシファーの気持ち2 詩の力

猫とトキソプラズマと人間とルシフェラーゼが獣の黙示録に繋がる

世界の半導体不足と量子ドットニードルと666

どんどん繋がる導きでオラわくわくすっぞ(*´Д`)ハァハァ Σ(゚Д゚)

ま、科学や歴史というエビデンスはないので、勝手な解釈ですけどねw
そろそろカタカムナ13首に行ってみようかな(゚∀゚)アヒャ Σ(゚Д゚)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top