好奇心

直感・閃き・気になる事探究を楽しむ

知って得するブラックフライデーとその起源

11月11日の独身の日セールに続き、今度は日本企業でブラックフライデーの宣伝や告知が行われるが・・ブラックフライデー?(;´・ω・)と知識がついていかない人向けの解説



ブラックフライデーとは?

アメリカ合衆国では感謝祭(サンクスギビングデー)の翌日あたり、正式の休暇日ではないが休暇になることが多く、その11月の第4金曜日というタイミングを狙った商用戦略
感謝祭用プレゼントの売れ残り一掃セール日=ブラックフライデー
つまりのアメリカ全国民のために用意したものが売れ残っても困るから
在庫も含めてめっちゃくちゃ格安で売りまっせー!(/・ω・)/もってけドロボー というセール
なので、暴動が起きるレベルで人がショッピングモールに殺到する訳だ
こんな動画を見ればいかに凄いセールかわかるだろう

日本のお客さんのようにお行儀よく買い物ができる訳ではない
というのが本家のブラックフライデー(;´・ω・)
さて、ここで冷静に考えてみよう

日本でブラックフライデーはどう考えてもおかしい理由

最近、日本のショップでもブラックフライデーセール!という文字を見て疑問に思う
日本にアメリカの感謝祭は関係ねーだろ!(;゚Д゚) (゚Д゚;)ソレナ
バレンタインとかホワイトデーとか、チョコ売るための企業の商用戦略は
百歩譲って仕方ないとしても、さすがに起源がある他国の行事絡みは無理がある
そういう意味ではハロウィンもなんだけどね(;・∀・)

感謝祭サンクスギビングの起源の明暗

現代アメリカ人の意識の中では、感謝祭はたくさんの親族や友人が集まる大切な家族行事のひとつで、空港、高速道路、鉄道などの交通機関が1年の中でも有数の大混雑・大渋滞となるという意味では、日本でいう所の年末年始みたいなものとして考えるとわかりやすいだろう
これは第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンが南北戦争の終結後、国内の団結を取り戻すための感謝祭として連邦休日を定め家族の集いを奨励したのが定着した模様
しかし、感謝祭の起源はもっと深く2つの角度からの捉え方があるようだ

移民側(白人)から見た感謝祭

イギリスからの入植者の一団が持ってきた種子で農耕を始めたが、現地の土壌に合わず、飢餓、餓死者が出た所、原住民の助けによって危機を脱した事への感謝として、1621年に収穫を祝うために行ったインディアンも多数参加した宴会がきっかけで、1623年から正式な感謝祭になった説

原住民(インディアン)から見た感謝祭

1492年にコロンブスがアメリカを発見した時、当時アメリカにはなかったヨーロッパから運ばれたインフルエンザ菌が蔓延。その結果、病原体に対する抵抗力がなかった原住民の多くは病気で死亡
1620年にアメリカに渡ったイギリスからの入植者の一団は無人状態になったインディアンの住居や日用品を使って過ごしたのではと、白人側が主張するインディアンとの友好関係があったという事は認められていないという考え方もあるようだ
原住民にとっては感謝祭は先祖たちの知識や土地が移民に奪われた日として制定しデモなどで抗議運動も起きている模様
これについて歴史的な観点から考えると
もしかしたらどちらの言い分も事実かもしれないです
コロンブスは2度目の航海の時も重度の壊血病を蔓延させた事実も残ってるという事なので、意図しないで形で先住民を殲滅してしまった(インディアン側の主張と合致)
その後、約130年の時を経た1620年、イギリスからの入植者一団がワクチンを持って上陸し、生き伸びた原住民へ薬を与え地元と協力関係(侵略・主従関係)を築いたのかも?(白人側の友好の主張)
・・あるいは意図的?
コロンブス
※あくまで想像ですので信じないよーに(゚∀゚)でも昔の映画ではインディアンと白人は敵対関係で描かれてる作品多いです
さて感謝祭を掘り下げるのはここまでにしておいて(/・ω・)/パス (゚Д゚;)ここまできて!?
ちょっと脱線したけれどこんな風にアメリカにとって感謝祭は特別な日なのである
その家族や親族が集う感謝祭のために企業が大量に用意したプレゼント用品が
在庫として売れ残っちゃ困るんだよ~!と一斉に始まったのが
感謝祭のためのブラックフライデーというセール日
なので、特別な歴史ある感謝際という日があるからこそブラックフライデーが成り立つ訳で・・それすらない、日本のショップでブラックフライデーセールって・・何?(;゚Д゚)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top