好奇心

直感・閃き・気になる事探究を楽しむ

甘いお酒をおいしくカクテルにして飲む研究レシピ

甘いお酒として薦められたディサローノ・アマレットとカルーアの2つのリキュールをベースに、これは・・うまい!?と思えるようなオリジナルテイストの組み合わせレシピを試して、究極の甘いお酒の晩酌を生み出す!という無謀な企画です(随時更新)



普段はお酒を一滴も飲まないです

同年代の友人たちに、晩酌してる?と聞くと、6割がたしてるっていうんですよね。何飲んでるの?と聞くと、焼酎やビール、日本酒が定番って感じらしいですが・・
そんなに酒ってうまいかね?
飲み屋とか仲間内で場の雰囲気で飲む感じは嫌いではないですが、自宅でちびちび、自分のペースで一人で味わって飲むほどのものかな~と、今だに疑問を持っているのは私だけではないはず!
さて、そんな私ですが、カクテルとか甘いお酒は好きです
毛嫌いはしていても、医療的には酒は百薬の長ともよばれるものなので、何かしらちょっとはアルコールを体に入れよう!という事で、今回、自分の好きな甘いお酒で、自分の好みの味を見出してみよう!という探究企画を実行してみます
ちなみに、百薬の長というお酒もあるんですよw話のネタに「これは薬だ!」とかで買ってみては?

アマレットとカルーアをベースにします

お酒に詳しい友人に聞いた所、甘いお酒ならアマレットというお酒がおすすめだよと教えられました。
あんまれっ・・と聞いた事ないよ?とダジャレが浮かびました(ここで無謀にも言ってみる)
どうやら、スーパーなどではあんまり置いてないお酒のようで知る人ぞ知る甘いお酒好きの至極の一品!という事で、さっそくAmazonさんから買ってみました
ディサローノ・アマレット
アーモンドのような甘い香りを持つリキュールですが、原材料は杏仁にも使われている杏子の種。「Amaretto」はイタリア語で「すこし苦いもの」という意味らしいですが、うーんそうですね、ロックで飲むと、甘さが突き抜けすぎて、一周回って苦い!と感じなくもないですね
インテリアとして飾っておくと、こいつ・・酒飲みだ!という印象を一発で与える事が可能なくらいインパクトがある高級感ただようボトルデザインですが・・ちびちび飲む計画なら値段は安いです(笑)

もう一品はスーパーでもよく目にする知名度の高い、甘いお酒の代名詞「カルーア」です。カルーアはメキシコのアラビカ種のコーヒー豆を主原料のひとつとしたリキュールなので、牛乳で割る、カルーア・ミルクが有名ですね。まるでコーヒー牛乳の感覚で気軽に飲めて、気軽に酔える、私が最も好きな甘いお酒で、ついつい飲みすぎてしまいます

このアマレットとカルーアをベースにして、それぞれ何かしらを市販のジュースとか組み合わせておいしい組み合わせを見つけ出し、酒は百薬の長!のために、私も自分なりの晩酌文化を築こうと思います
とはいっても、酒飲みでもないし、アルコールが好きでもないので、1日1~2杯ペースでやっていきます
組み合わせ候補食材・飲料は以下のものを考えています。
予定メモ:牛乳・ヨーグルト・オレンジ・炭酸・ポカリ・ジンジャーエール・オレンジ―ナ等、随時追加

アマレット+組み合わせ研究レシピ

常温ロックで飲む:済

感想:クソ甘ったるい!甘いお酒が好きと宣言してる私でも、これは甘さの限度を軽く超えていく!?というレベルで口の中があま~い!とスピードワゴン並みに叫んでしまう事間違いなし。
ロックだと、はちみつの糖度を上げた液体を流し込むようなものなので、喉が馬鹿になります。ちびちび飲むなら、舌で飲め、喉までごっくんは・・やばいw

アマレット+お湯割り:済

感想:甘さが薄く延ばされる感じで、なんかこうほえ~っとした感じで、これじゃないなと即判断できるレベル。ただ、主役のいない舞台という印象なので、中心にインパクトの強い味が入り込めば、お湯割りの道も開けそうな印象は受けた
テスト割合

  • 1:9:薄すぎ?何かをさらに加えるならいい感じのわき役感

アマレット+ミルク(牛乳特濃):済み

アマレット+牛乳割り
感想:甘い牛乳!砂糖を入れるより、はちみつをいれるよりも牛乳に溶けて混ざりこんだような自然な甘さ。特濃牛乳だからか、濃厚な甘みで飲み応え十分・・しかし、おいしくて止まらないため、気が付くと牛乳1パックいってしまいそうなので注意!
テスト割合

  • 2:8:ほどよい甘さの牛乳(はちみつ牛乳的な感じ)
  • 3:7:濃いめの甘さの牛乳。特に特濃だとよりパワーアップ
  • 4:6:アマレットと牛乳の中間点。これはぜひ自分で試してほしい

アマレット+カルピスソーダ:済み

アマレットとカルピスソーダを割ってみた
感想:甘い+甘いだから・・と期待してなかったんだけどこれクリティカルヒット!!
カルピスソーダの甘さとアマレットの甘さが重なってくどくなるかと思いきや、炭酸がそれを中和して、2段階の甘さを実現!アマレットの割合を濃くしていくと、マジックアワーの夕日のように徐々にカルピスとアマレットの味が融合していく。アルコール28%と強めなのを忘れるくらいごくごくいってしまうので注意
テスト割合

  • 2:8:ちょっと薄め、カルピスとアマレットの味を時間差で体験できる
  • 3:7:カルピスとアマレットが融合し、マイルドな甘さでのどごしさわやか

アマレット+コーラ・ZEROFREE:済み

アマレットとコカ・コーラZEROFREEを割ってみた
感想:コーラの甘さが強調される感じだが、炭酸が口当たりをさっぱりさせ、最後のアルコール独特の味がせず、喉ごしさわやか。アルコールが苦手な人でもこれならごくごくいける。結構濃いめの割合で作ったが、味が喧嘩せず、濃いめのコーラ?という感じなので、気が付かないうちに酔わせる事は可能です←(?)
テスト割合

  • 4:6:先にアマレットの風味が鼻を抜け最後にコーラの味がついてくる感じ

アマレット+ルイボスティーヨーグルト:済み

アマレット+ルイボスティーヨーグルト
感想:ルイボスティーに対し、アマレットを混ぜる事で、甘い紅茶・・になるかと思ったそうでもなく、微妙な感じだったので、ヨーグルトを足せばマイルドになるだろうと大匙3杯ほど入れてみた結果、味は確かに角がとれて、マイルドになったはなったが、酸味と甘みがうまく混ざり合う事がなく、おまけに冷えると固まって飲めないヨーグルトと化してしまう。アルコールの成分はあまり感じなくなっている
テスト割合

  • 2:6:2:マイルドな紅茶。冷えるとヨーグルト化

アマレット+特茶・伊右衛門:済

感想:なんというか、甘いウーロン杯。アマレットの甘さをお茶の風味が中和して、ウーロン杯のようなのぺーっとした味になるんだけど、お茶の若干の苦み部分が良い感じにアクセントになって、甘さの中に渋さがあるって感じで割と悪くはない。調整しだいでは、ぐっとくるポイントが見つけられるかも?
テスト割合

  • 1:9:ウーロン杯みたいな感じ
  • 2:8:甘いウーロン杯

カルーア+組み合わせ研究レシピ

※まだ未開封のため、今後、いろいろ割って情報を追加します

あわせてお得な購入アイテム:丸氷を作る製氷皿

丸い氷を作るための製氷皿
購入金額が2000円以上になると購入権利を得られるという不思議な商品なので、アマレットなどお酒をAmazonで注文する機会があれば、割引になって300円くらいなので、ついでに買っておくと重宝しますよ。通常の四角い製氷皿で作られた氷はすぐ溶けてしまうけれど、丸氷は、非常に溶けにくく長持ちします・・ただし、成功したやつね(笑)、氷を作るときに水が足りなかった模様(;´・ω・)

こんな便利な物があったのか!?6分で氷を作る製氷機

晩酌するだけなら、日中に氷を作って、夜使えばいいって感じですが、夏場の暑い時期となると、氷はあればあっただけいいですよね。でも氷は作るのに最低でも数時間はかかる・・こまった。でもぬるい飲み物は勘弁だぜ・・というそこのあなたにすんごいアイテムをご紹介!

こぶりの氷なら最短6分!大型の氷や大量に作るなら1時間ほど。上から氷が製造される過程を見れるので完成したかがわかりやすい!デメリットとしては以下の問題がありますが、気にするレベルではないです

  • 音がうるさい=冷蔵庫もそんなもんだ
  • 保冷機能がない=使いたい時だけ使う、ケトルと同じようなもの

冷蔵庫とか冷凍庫が遠い人の部屋置き用におすすめですね

  • 冷蔵庫とか共同の寮生活してる学生・社会人
  • 冷蔵庫、冷凍庫が1階でいちいち氷を取りに行くのがめんどい人
  • アウトドア・バーベキューに車に一台積んでおく

脱線しましたが、研究レシピは随時更新していくのでお楽しみに!
組み合わせカクテル研究レシピに戻る

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 僕もお酒は嫌いですが、カクテルは飲みやすくてお酒というよりはジュースに近い感覚ですよね。
    お酒は好き好んで飲むようなものではありませんが、付き合いで飲まなければならない時もあると思うので、会社員さんとかはカクテルで耐性を付けておくのも良いかもしれませんね。

    • 陽平さん いらっしゃい
      店で飲むとジュース感覚ですが、自分で濃度を変えると変わりますよ
      アルコール耐性つけるなら、きつめのじゃないとダメですね
      友人は急性アルコール中毒になって、緊急搬送されて・・
      戻ってきてから豪の者になりましたから(笑)
      私の場合は、好きな味を探す!&百薬の長がテーマなので
      根本は楽しんでのめる味だったらそれでいいです(≧▽≦)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top