好奇心

直感・閃き・気になる事探究を楽しむ

301リダイレクトでリンク切れURLを有効活用

301リダイレクトが恐ろしいほど簡単に!
Wordpressプラグイン「Redirection」をご紹介

Wordpressプラグイン「Redirection」
301リダイレクトというのは、今まではほとんどが
ブログの引越しという用途で使われてきたのだけど
ちょっと変わった使い道としてリンク切れのページへのアクセス
任意のページへ意図的に誘導してしまうという方法
そこに役立つのWordPressプラグインがあります



Redirection(リディレクション)

このプラグインはリダイレクト元ページ
リダイレクト先のURLを入力するだけで簡単に利用できます
Redirection(リディレクション)

※301リダイレクトしたら、必ず404表示だったURLにアクセスし
 301リダイレクト先のページに誘導されるか確認してください
確認方法:404のページを開いておいて、設定が終わったら、そのページを更新
追伸:リダイレクトの情報は削除できるけど、削除した後も、ページ表示がおかしい場合、一度、ブラウザのキャッシュをクリアすれば正常にページが表示されます

内部ページで404が増える理由・・

GoogleWebマスターツールのクロールエラーを見れば
自分のブログのリンク切れページの状況がわかります
クロールエラー

優先度の高いものから修正していくと効率的( ゚∀゚ )ノ

普通に運営してれば、404ページが大量に生成されることはないのですが
こういった事をすると、たまに発生します

  • テンプレートを別のものに変える
  • URLが変わるようなプラグインを入れる
  • パーマリンクの設定を変更する

私の場合は、テンプレートのバージョンアップで
ページセパレート(分割表示)が導入された後・・
参考記事:Digipressテーマがよりアフィリエイター向き機能搭載
1ページに表示される記事表示数を変えたことによって・・
元々あった2ページ以降が存在しなくなってしまったことΣ(゚Д゚)ガーン
分割ページも検索エンジンが認識してしまっていたため
そのURLに外部からアクセスがあった時404にならないように
別のページに意図的にリダイレクトさせるという訳です

301リダイレクトの利点

リダイレクトは単純にユーザーに対して、見せるページを誘導するだけでなく
そのページに対してついていた外部からのリンク効果も引き継げます
そのため、404として遊ばせておくのはもったいない理由がこちら(^^ゞ

外部からのリンクを正しく誘導してあげる

クロールエラーになっているリンクにリンクしてる元ページを見ると
外部からリンクを送ってくれているんだけど・・
あんた、URL間違っとるよ!Σ(゚Д゚)ガーン というのも結構あり
そこを目的のページに対してリダイレクト修正すると・・
アクセス経路だけじゃなく、リンクも繋がるという
二重においしい事もあります(笑)
今すぐやってみそ( ゚∀゚ )ノ

404へのリンク元をチェックしてみてわかった・・恐ろしい事実

実は・・悲しいことがありました・・
以前書いたこちらの記事が教育関連情報を紹介してるツイッターに掲載され
ブックマークが10個くらいついてたんですが・・
参考記事:フィンランド式学習メソッド 日本で言えば小論文?
なんと、URLが長すぎて、URLの後半が・・・ という形でリンクされていて
それをリダイレクトすると・・なんかエラーになる!?というΣ(゚Д゚)ガーン
URLが長すぎてもSEOには特に問題はない・・というのは
こちらの記事で検証していたんですが
参考記事:長いURLは嫌われるのか?実際に調べてみた
ツイッターとかCGI、botの設定とかで長いURLを自動的に省略される場合
ブックマークやリンクが正しく行われないという現実を知りました
これってスラッグ(短縮)でもそうですから・・
日本語URLで%2f%5f%7%・・とかに変換されると
たぶん、途中で略されて、正しいリンクつかない可能性もあります
ソーシャルメディアでせっかく紹介されても意味がない・・
・・ブックマーク10もついてたなんて・・勿体ない事したなぁ・・
これにこりて、スラッグも短めにしようと思います^^;

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By おとふじ@ビクトリーキャッシュ2ヶ月めで月五万稼いだ

    たぬきちさん、こんばんわ。
    おとふじです。
    >GoogleWebマスターツールのクロールエラーを見れば
    自分のブログのリンク切れページの状況がわかります
    こうやって確認できるのですね。
    教えてくださって
    ありがとうございます。
    >ツイッターとかCGI、botの設定とかで長いURLを自動的に省略される場合
    ブックマークやリンクが正しく行われないという現実を知りました
    これってスラッグ(短縮)でもそうですから・・
    日本語URLで%2f%5f%7%・・とかに変換されると
    たぶん、途中で略されて、正しいリンクつかない可能性もあります
    これは知りませんでした。
    長いリンクは気をつけるようにします。
    リンクがつながってなかったら
    いろいろうまく行かないでしょうしね。
    >アクセス経路だけじゃなく、リンクも繋がるという
    二重においしい事もあります(笑)
    まさに、ピンチがチャンスに。
    応援済

    • おとふじさん( ゚∀゚ )ノ
      私も今までクロールエラーがなぜ発生するのかよくわかってなかったんですけど
      やっぱり色々調べるって大切な事だと実感(笑)
      そう!長いURLが短縮されて、URLが中途半端な所で・・・ と表示されると
      アドレスバー上で、URLが繰り返し入力になってエラーになるという罠Σ(゚Д゚)ガーン
      ほんとにピンチがチャンスですよw
      ぜひ、見直しをしてみてください

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top