好奇心

直感・閃き・気になる事探究を楽しむ

記事作成が根本から変わる思考のテンプレート

0から記事を生み出す思考+生み出した記事を的確に伝える思考のテンプレート
思考のテンプレート
何かのキーワードをテーマにして、文章を書く大変さ・・
小学生の頃の読書感想文の時代から
めんどくさい・・という気持ちはありますよね
誰でもそうです・・私でさえも・・(;´∀`)
でも、インターネットという環境で、顔も見えない相手に対し
興味を持ってもらうためにアプローチする武器は
文字しかないんです
動画や画像もある!・・と思うかれもしれませんが
そもそも、そこへ導くには文字を読ませるという前提があるんです
その「文字の集合体」「文章」という厚みのある言葉となり
その言葉を「伝えたい相手」を考えて組み上げるのが「記事」です
アフィリエイトという商品を紹介するビジネススタイルにおいて
文章・記事を生み出すというのは、非常に当たり前の作業でありながら
最も重要なファクターです
しかし、残念ながら、私も含めてですが・・多くの人の記事は
読書感想文の延長上にあるような日記でしかないのが現状
アフィリエイターがアフィリエイターを相手にするための文章なら
暗黙の了解なんとなくニュアンスがわかってるから
日記レベルの読書感想文レビューでも通用する
しかし、一般の方の場合、そういうニュアンスでは伝わらない
本当にその情報を欲しくてキーワードで探しているけれど
あと一歩、自分の背中を押してくれるようなクチコミを探してる人は
納得できる情報が欲しい!
そういう人の購買意欲をくすぐるために必要なのが
最初からそういう人を想定して生み出される記事という訳です



0から文章を生み出す思考のテンプレート

私が利用してる文章を生み出す思考のテンプレートを使えば
ひとつのテーマに対し、このくらい大量に「文章」が書けます
文章サンプル
このサンプルは、以下の記事を公開した後
思考のテンプレートに沿って書き出したものです
ルームランナーレビュー
IGNIOのルームランナー!トレッドミルR-16を購入レビュー
上記のレビュー記事を最後まで読んでみて
「問題がある事」に気付きますか?
別に技術的な事や伝えている中身や文章に問題がある訳ではありません
むしろ、検索結果では狙いキーワードでは10位内に入っているので上出来です
※上位はショップや動画で考えれば、実質3位~5位をキープ

ある意味SEOや集客的な意味では成功を勝ち取っている記事ですが・・
売り上げを伸ばす!という商用目的で考えると落第点
だから、良い意味悪い例です(笑)
このレビューは記事を考えて生み出したというよりも実況中継を垂れ流したようなもの
老若男女問わず、全ての人に対してのレビューになってます
手元にレビューする商品があり、その開封から使用まで
一連の流れで、わかりやすく伝えていますが・・これだと
「ただの日記」であって「記事とは呼べないレベル」
※実際に備忘録日記のつもりで書いたんだけどね
では、これを記事化させた場合、どのようになるか?

生み出した記事を的確に伝える思考のテンプレート

サンプル文章2
上記の生み出す思考のテンプレートで書いた文章を元に
伝える思考のテンプレートに沿って記事化させたものです
大きな違いは、2つ
この2つを意識するだけで、自分の書いた文章が
洗練された記事として生まれ変わります

この記事は○○○が見えてないし伝わらない

この記事は○○○が全然ふくまれてなかった・・

おいおいおい・・冒頭からこれじゃ・・

この思考に気づけばほんとに記事作成の根本が変わるので
何気なく書き留めたメモやストック記事を総見直ししてます(笑)
そこまで意識した後にこれも気をつければ効果は倍です
WEBライティング講座
瞬間理解!画像でわかるWEBライティング講座
その記事作成に必要な文章を生み出す方法と
伝える記事に変換するための2つの思考のテンプレートは
こちらのツールの特典としてご用意しています
バブルアップ記事メーカー特典はこちら

バブルアップ記事メーカーってどんなツール?

私がこの思考のテンプレートを購入特典としてつけているツール
バブルアップ記事メーカーというツールについて簡単に説明します
このツールは簡単に言えば、記事作成を支援する機能が詰まった
ライティング用エディタとでもいいましょうかね

記事作成のこんな作業を助けてくれる機能が満載です

サジェストキーワードを取得する機能の驚きの活用法
サジェストキーワードを取得する機能の驚きの活用法

「検索したキーワードで、他の人がはこんな検索もしています」という
「検索ワードに対する候補キーワード」の事をサジェストワードといいます
このサジェスト(候補)キーワードの考え方は
環境が変わっても一緒です

  • Amazon「この商品を検索された方はこちらの商品も・・」
  • Youtube「この動画を見た人はこちらの動画も・・」

このような形式で、一般的に利用されている
Google・Yahooなどの検索エンジンだけでなく
Youtube内の動画検索に使われている検索候補ワードや
Amazon内の商品を探すために使われている具体的な商品名ワードなど
あらゆる場所から瞬時にキーワードを集めてくれる機能を搭載しています
サジェスト比較
様々な環境でのキーワードサジェスト候補比較

さらにそこから掘り下げる機能を搭載

探して取得した候補キーワードを元キーワードにして
そこから繋がる候補ワードを掘り下げて調査する機能・・
これが非常に重要な機能と言える理由があります

検索キーワードが多くなるほど、目的が絞り込まれる

非常にわかりやすい例を上げましょう

  • 商品名+レビュー+送料
  • 商品名+レビュー+送料+沖縄

この場合、通販をよくされる方はわかりやすいと思いますが
その商品を扱う通販ショップによっては
離島によって送料や配送方式が限定される場合があるからです
単純に+地域名という考え方ではありません
これでキーワードターゲットに対して
何を?どう?伝える記事を書くべきか?
たった一言のキーワードが増えるだけで、目的を明確に理解できます
検索者の目的を明確に絞りこめる深いキーワードを見つけ出せる
それがバブルアップ記事メーカーに搭載されている「さらに取得」という機能

専門性が高い記事を書ける秘密の・・

キーワードをその場で詳細に調査できる機能

自分で知っている事ならば、いくらでも文章を生み出せますが
知らない事に関しては、無から有は生み出せませんね
残念な事にインターネット上で情報発信するためには
一般の認知度が高いテーマについて記事を書く際に正確性が求められます
そこで役立つのがこの機能!
キーワードに対して、その場でwikiやyahoo辞典から
意味や説明を表示させて調べることができます
バブルアップ記事メーカー 情報検索
わからないのだから、まず説明をじっくり読んで
そこで理解しながら、それを読んだ自分なりの表現で文章を書いていく
それだけで記事の専門性と厚みが増すというありがたい機能です

使い方は色々フレーズ抽出機能

使い方は色々フレーズ抽出機能

根本的な事だけど、最初に文章を書き始める時って
明確にテーマを認識しているから、ちゃんと記事が書けている
・・はずですよね?
でも、実際は、テーマから大きくかけ離れていくのが事実です
執筆活動や音楽制作活動、イラスト作成などなど
あらゆるジャンル共通で創作活動を経験した人ならわかると思います
ライターズハイ
ノッてくる、ハイになる、○○ーズハイ的な状況
文章を書いていく過程でこれが発生すると
おもしろい読み物として、内容が充実する反面・・
伝えたいテーマの方向性がずれて完成することがあります
この時、本当にその記事は
「名」「体」を表しているでしょうか?
名=タイトルは、体=記事全体を総称できるもの
記事全体を読んだ結果、一言で表現できるのがタイトル
人は奇想天外、支離滅裂なおもしろい読み物(小説等)は好きですが
検索エンジンは、わかりづらい表現よりも素直にテキスト認識を重視します
つまり、まず人に見てもらうためには
検索エンジンに正しく情報を伝える事
その上で、人が読んでも
テーマがぶれない納得の記事を書く事
それをするために、このフレーズチェック機能が重宝します
バブルアップ記事メーカー フレーズ抽出
また、このフレーズチェック機能はおまけ要素として
抽出したキーワードを半角カンマ状態にしてクリップボードにコピーします
WEB上の製作活動において、半角カンマでキーワードというのは
様々な環境に適応した仕組みのひとつとして利用可能です
(METAキーワード・Youtubeタグ・ブログタグ等)

記事の段落(P)と改行タグ(br)自動挿入機能

記事の段落(P)と改行タグ(br)出力機能

画面上では、見え方を意識して文字数や改行を整えたのに
いざ、コピペして利用すると・・文字の羅列になる
そういう経験はありませんか?
もったいないですよね・・
文字の改行の位置などは、狙って作るのがほとんどです
例えば、この記事のように、折り返しを使わず
任意の場所で改行しているのは
読みやすいリズムを考えているからです
※あるいはスマホ表示用の適正改行ポイント
こういう意図を組み込んで構成した記事
そのまま使えるのが、記事の段落(P)と改行タグ(br)出力機能です
バブルアップ記事メーカー 段落 改行タグ
エディタ上で書き終えた記事をそのままコピペで使えるように
段落と改行のHTMLタグを自動挿入する便利機能です

いかがでしたか?
こういったツールに秘められた機能を最大限に生かすための特典
それが、私が用意している思考のテンプレートです
バブルアップ記事メーカー特典はこちら
また、このツールは私のツール組み合わせ戦略において
かなり重要なポジションを占めるツールで様々な連携に応用しています

キーワードを分析する!

「みんながよく利用しているから」という集計の元決まる候補ワードにも
実はピンキリで、検索需要に圧倒的な差があります

  • 月間検索数が100回に対してライバルが5万件以上のキーワード
  • 月間検索数が1万回に対してライバルが100件以下のキーワード

候補ワードは100や200じゃないため、ちゃんと調べないと
本当に集客力のあるサジェストワードがわからない
それを事前に調査し、キーワード需要の確認
ライバルチェックをまとめて行えるツールがこれです
検索候補キーワードと競合数だけで判断すると陥る罠

大量に生み出した記事の使い道

文章を生み出す思考のテンプレートで作成した
サンプル画像の文章をを見ればわかるとおり
大量の情報が記載されています
完成した記事サンプルは、この元となる文章の中から
厳選抽出された一部分が利用されていますが・・
それ以外の部分は決して無駄な情報という訳ではありません
実はそれを活かせるサービスがあるんです
自分で生みだしたオリジナルの文章だからこそ
価値あるコンテンツに変える事ができます
100の原文、1段落10の文節、1文節10のリライト文章で
100億パターンの質の高いバックリンク記事が生まれます
PSWP(パーソナル)の必要性と活用の考え方

5.0 rating

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top