好奇心

直感・閃き・気になる事探究を楽しむ

急いでる時のバッテリー上がり対策 ジャンプスターターに救われた

バッテリー上がりで困った時、最短3分で復活可能!ジャンプスターターに救われた話



早朝に起きたバッテリー上がり事件

休みの朝、そよそよと吹き込む夏の終わりの風と共に眠る朝(つ∀-)zzz
おーい!(# ゚Д゚)と父に怒号で起こされる不快な朝(つ∀-#)イラ
何事かと思えば車のバッテリーが上がって動かないとの事で
どうやら予定があり急いでる模様
さて、昔ならこんな自宅前でバッテリーが上がった時はこうしてました

  1. 別の車をバッテリーが上がった車の正面に近づけてエンジンをつける
  2. 車がない時は近所に声をかけて車を動かしてもらって助けてもらう

でもね、そのどっちも準備に時間(予想できない)かかる上に
休日の朝一にたたき起こされるその家庭のドライバーの事を考えたら・・
あとでお礼とお菓子でも用意しないと
割り合わないレベルで迷惑ですね イエイエ(#^ω^)m(__)mサーセン
そんな事も言ってられないんだ!急ぎなんだよ!(# ゚Д゚;)ノ
と、焦りから自己中心的な思考に陥りがちな人におすすめなのがこちらのアイテム

3分でバッテリー復活!ジャンプスターター動画

こちらは最短3分で誰の手も借りる事なく、バッテリーを復活させる事ができます

  1. ボンネットを開ける
  2. プラス・マイナスにケーブルをつける
  3. 専用のモバイルバッテリーを繋ぐ
  4. ブースターボタンを長押しする
  5. 車のキーを回す(※キーレスはボタンを押す)

たったこれだけでバッテリー上がりを即座に回復(/・ω・)/・・したものの
せっかちな親父は別の車ですでに出発済み ε=ε=(* ̄ー)ノブーン
バッテリーを充電させるために、近所のコンビニにドライブしながら
「治ったぞ~」と報告すると、「なら持ってきて車交換してくれ」だと!?(゚Д゚;)
おいおい・・休日早朝にKASINAでの快眠から叩き起こされたあげく
向かった先まで車を持ってこいって・・とほほ(´・ω・`)
そんなこんなで、みなさん
ジャンプスターターキットは持っておいたほうがいいです
使わない時は大容量のモバイルバッテリーとしても使えるので無駄がない( ̄ー ̄)ニヤリ
動画で見せてるのは在庫切れなので、レヴォーグのバッテリー上がりに使ったのをご紹介
※12V車なら使えます
ジャンプスターター

こっちは初めて使ったけどびっくりするくらいお手軽な上に、一回のチャージでも
モバイルバッテリー側の容量の消費が少なかったので効率良いのかもしれません
さすがはRAVPOWER製!(゚Д゚;)
じつは携帯できるACコンセントバッテリーもかなり使い勝手がいいですよ
>>地味にすげぇ!コンセントを携帯するポータブルAC電源

バッテリー上がりを助けるドライバーが減ったという問題

「バッテリー上がりで困っています!」と赤の他人に助けを求められたとして
あなたは助けますか?と100人に聞けばおそらく98人は助けると即答するでしょう
しかし
「バッテリー上がりで困ってそうな人」を見かけたら助けますか?と言えば・・

  1. そもそもバッテリー上がりかどうかわからないのでスルー
  2. 車の保険で手厚い介護もあるし、助けなくてもいいっしょ
  3. 下手に接触してキ〇ガイでトラブルに巻き込まれるのも嫌だし
  4. かわいい子だったらとりあえず止まる

バッテリー上がり
これが本音だと思います! センセー( ゚Д゚)ノ(゚Д゚;)(※特に4)
逆の立場から、困ってて助けてほしいけど声をかけられない人もいるでしょう
どっちにしても、車が動けなくて困るのはドライバー自身です(周りは困らない)
昔はちょっとハザードつけて停車して、おーい(/・ω・)/と手を降ると
気の良いおっさんドライバーがケーブル繋いでバッテリー上がりを助けてくれたりが普通でしたが
今の時代は助けたい気持ちはあってもトラブルの可能性を考えて避けてしまう人の気もわかります
関係ないけどあおり運転で一発免停なんて新しいルールもできてましたしね・・(知ってました?)
>>これ注意!あおり運転で免停
バッテリー上がりで困ってるのを助ける人って、『過去に助けられた人』が多いですから
助けた事がない人はそもそも『助ける手段』を知りません(ケーブルすら積んでない)
そういう意味ではドライバーの質(モラル)が落ちてます
でも、それはあくまで、他人に頼る思考だからであって
他人の力を借りず自分でバッテリー上がりの対策を意識する事も重要です
自分のためにジャンプスターターキットを用意しておけば
それはのちのち『困ってる人を助ける手段』
としても使えるので一石二鳥( ・ㅂ・)وウマウマ

自分でできるバッテリー上がりを防ぐ対策

そのくらい知ってるよ~と油断する人ほど陥りがちなのがバッテリー上がりです・・(自己嫌悪)

  • 前方のライトの消灯確認(昼でも)※今の車はAUTOにしとけば問題なし
  • シートヒーター等のスイッチが間違って押されてないか確認
  • 室内灯がつけっぱなしになってないか

車も半自動みたいになってきたから、自動制御で色々オートでやってくれるけど
やっぱり昔ながらのヒューマンエラーがトラブルを招く訳です(;^ω^)
車から降りる時は最低でも上記3つは意識して確認しましょう
それ+万が一のためにジャンプスターターキットの用意を

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top