好奇心

直感・閃き・気になる事探究を楽しむ

2019 SEO Survival Strategyという教材について

情報はまさか予想もしない所から繋がる・・という訳で2019 SEO Survival Strategy「アフィリエイターが生き残る道」という教材について

2019 SEO Survival Strategy


2019 SEO Survival Strategy「アフィリエイターが生き残る道」

毎日、減り続けるアフィリエイター…
あなたも一緒に消えますか?それとも…

SEOの効果が今一つ伸びない・・どうすれば上位化するのかわからない
何かいい方法がないか?どうすれば上位化できるのか?

という上位化できない=売り上げが減少してきたという
切実な悩みを持ったアフィリエイターの心を揺さぶるキャッチな教材ですね

この教材のキモは「中の人から入手した情報」 という点

まずここだけおさえておいてください

とある運営サイトに届いたメール

「サイトの売却をご検討頂けないでしょうか?【株式会社GEAR】担当者名」

内容は検索結果でSEO上位にいるサイトオーナーに対して
M&A(売却)の仲介業務をやってる会社云云・・

資金が潤沢な企業が買い手で買取実績例

月商50万の金融サイト→2000万で売却
月商35万の債務整理系サイト→1400万で売却

もしサイトの譲渡に興味があれば過去半年の平均PVと売り上げ
こちら(リンク先)のフォームにてご入力すれば、無料査定して連絡する

という内容

簡単に言えば、SEOで上位化してるサイトオーナーにアポをとって
高く買いとるから売却しない?というオファー

まぁ、そういう会社のM&A的な考え方同様、サイト売却ビジネスってあるからね
って思いながら、【株式会社GEAR】って調べてみた結果

2019 SEO Survival Strategy「アフィリエイターが生き残る道」というSEO情報教材を見つけました

これで言いたい事はわかったでしょ?
(リンクは張らないので興味があれば探してね)

まとめ:中の人とは=自力でSEOで勝ってる人

SEO関連の言葉で「中の人」っていえば、Googleとかシステム開発者の意味に聞こえるかもしれないけど
この教材で強調されてる「中の人」というのは、自力でサイト運営してきてSEOで上位化してる人たちの事

その人たちから買い取ったサイトを分析して、現在のSEOで上位化する秘訣を探す過程で生まれる発見が
のちにセミナーで継続的に金を取る材料になったり、SEOノウハウ本として販売されると考えれば・・

まぁ、何の指標もなくやってるアフィリエイターたちは買えばいいと思うよ
少なくとも、確実に上位化してる人たちに売却の声がかかってるのは間違いない

もし、誰かが上位サイトを売ってて「中の人」が変わってたとしたら、そのサイト運営のノウハウは
2019 SEO Survival Strategy「アフィリエイターが生き残る道」には入ってるかも?

とはいえ、サイト売却の仲介業者と名乗りながら、買い取ったサイトを自社で使うような流れが用意されている事に
戦略と計画性を感じるのでずる賢いな~とは思いつつも関心はする

例えば【株式会社GEAR】が販売してる製品にはワードプレスオートやシリウスオートといった
サイト制作代行販売という製品も用意されている

ワードプレスオート

シリウスオート

上記、買取したサイトからコンテンツを抜き出して分析し、リライトして利用すれば
少なくともseoに好まれるであろうコンテンツの分析や制作傾向も立てられる

サイトを育てるのではなく、育った成功サイトを買い取って
買い取ったサイトからノウハウを分析しコンテンツを生成

それを同業者(リライト業者やコンテンツ販売業者)に分割販売したり
SEOノウハウ出版やセミナーに流用・転用するという、買ったものの使いまわしで実に合理的

しいていうなら、詐欺ではないが「中の人」という表現のミスリードがうまい
アフィリエイターやSEOを意識している人は勝手に中の人を勘違いするからだ

中の人とは、GoogleのSEOのアルゴリズムを開発した人たちではない
そもそも、Googleの開発陣もSEOを理解してない人も多いのが実情

意識しようがしてまいが、SEOで好まれるコンテンツを生みだした
元のサイトオーナー=中の人 というのが真実だからこそ

SEO教材としてはいいと思う・・・だがしかし!(# ゚Д゚)ノ (゚Д゚;)!?!

全部が全部、情報が明かされる事はまずないと思うよ?

慈善事業じゃないんでね・・かなり詐欺よりのグレーなオフホワイトなんでね
だから、製品購入→バックエンドオファー→高額セミナー まで行っても

成功者のSEOノウハウが提供されるとはまったく保証はできません

まぁ、販売に絡んでる人選を見れば・・姿を消してから2~3年たったしそろそろアレな人たちも
ほとぼりが冷めて業界に戻ってきては、情弱ネット初心者カモ狙い始める時期
(期間限定の販売で売り抜け→購入者へクローズドオファースタイルで別製品紹介)

最後に言える事は、最新のSEOで上位化してる人たちって薄利多売の複数サイト運営という昔のスタイルと違って
内容もコンテンツも濃く、ちゃんとブランディングして育ててきたオウンドメディア運営が多いから

売ってくれと言われても、そう簡単には手放さないのが現状
つまり・・最新のSEOで勝ってる人たちのサイトは買えてないと思うけどね

とりあえず、この記事を最後まで読んだ人は冷静に考えてな

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top